2009年10月アーカイブ

もっとチベットを知る

コメント(0)

blue poppy.jpgクリハラです。

実は、まだお会いしたことはないのですが、チベット芸術フォーラムのご担当者、太田さんから次回の守りたい天空の至宝フォーラム予定をお知らせいただきました。

チベット芸術フォーラム シリーズ講演会
守りたい天空の至宝 

第3回 11月7日
演 目 いまのチベットを知るための3つの映像
     『ヒマラヤを越える子供たち
     『恐怖を乗り越えて』
     『悲しみの湖をわたって』
日 時 2009年11月7日(土) 14:00〜16:00
会 場 東京都美術館 東京都台東区上野公園8-36  
入場料 無料
定 員 200名(先着順)  

日本でチベットに触れる企画としては、なかなかユニークでいいチョイス+いいセンスの企画をされるなぁと思っています。Webサイトもなかなかいい感じ。ここでのお知らせOKをいただきましたので、「聖地チベット展」をさらに深める企画としてご紹介させていただきます。ちなみに、「ヒマラヤを越える子供たち」は・・・

チベット育児の知恵

コメント(0)

クリハラです。こんにちは。

私事ですが、今月15日、3人目の子どもを出産しました。体重が3896gもあり、小柄な私には手ごたえのあるお産になりましたが、おかげさまで母子ともに健康で、家族も元気で過ごしています。

tibetan baby.jpgところで、私が今回の出産後、チベットから学んだことで、とても役立っている育児の知恵があります。左の写真をご覧ください。実は、このおくるみの巻き方です。これは2年前、東チベットの元遊牧民だったチベット一家にお邪魔した時のスナップですが、生後3か月の赤ちゃんが毛布でぐるぐる巻きになっています。まるで“みの虫君”ですよね!

チベットの赤ちゃんは、こうもしっかり巻かれていると窮屈そうなのに、全然泣きません。ママは、私たちのために、バター茶やヤクのヨーグルトを用意してくださっていたのですが、ママがそばにいなくても、小さな子どもたちが周りをバタバタ走りまわっていても、ひたすらご機嫌!どうやら、妊娠中、ママのおなかにいるときと同じように、ギュッと周りをしっかり包んでもらえている感覚が、赤ちゃんには落ち着くらしいんですね。

rolled tokutaro.jpgちなみにお顔についている茶色いかさぶたは、垢でも怪我でもなく「胎脂」。チベット人は新生児の胎脂を無理にはがさず、自然にはがれることで肌の免疫力を守るといわれています。今回、私は水中出産だったので、胎脂はほとんど残っていませんが、こうしたいろんな地域や民族に残る知恵、フムフムと参考になります。

このぐるぐる巻き抱っこは、お知恵を拝借。我が家でもブルーのみの虫君が一匹、日々、ご機嫌に過ごしています。チベット育児の知恵に感謝です(笑)

5大元素のお香、準備着々

コメント(0)

5 elements incense_image.jpgクリハラです。東京も台風18号が接近していて、雨模様の日が続いています。

そんな中、来月から発売予定のチベット5大元素の考え方に基づいた、新しいお香のシリーズが発売できることになり、現地から届いたお香の販売準備に忙しい時間を過ごしています。。

いきなり「5大元素」・・・といわれても、え?!化学の時間?!と思われる方もいて、ピンと来ないかもしれませんね(笑) チベットでは、万物は全て、5大元素、5つの要素をもった光から成り立っているといわれています。そして、その考え方をお香に加え、私たちの心と体のバランスをサポートしよう、というのが今回、チベットの伝統医であるアムチのアイディア(左下画像は、その五大の考え方をまとめたお香用のパンフから抜粋)。

5elements pict.jpg

先日、この遠く離れた日本に、現地でも本当に得難い、熟練のアムチ力作の素晴らしい香りと品質のお香がほとんどおれずに届きました。この5大元素のお香、早く皆様のお手元に届けられるよう、スタッフが全力で用意します。ノルブリンカでもご案内しますが、ネットでもご購入いただけるようにサイトやパンフレットを月末には準備する予定です。詳細はこちらのブログでまたご案内させていただきますので、もう少しお待ちください♪

祈りの数珠、到着!

コメント(0)

クリハラです。

しばらく出産で御無沙汰になりそうになると、急に裏方の仕事やら雑事に追われている・・・いや、追われたくなる?!?!私です・・・貧乏性なんでしょうか(笑)

折も折、チベット・コミュニティからも、お願いしていた荷物が届いて、ギャラリーでスタッフと荷解き。新しいタイプのシンギングボウルや数珠、ルンタなどの小物も届き、開封ごとにわくわくします。

prayers beads 001.JPGprayers beads 002.JPGprayers beads 003.JPG

 

 

 

 

 

今回の数珠、今までとちょっと違って、かなりバラエティに富んだものが届きました。女性向きの小玉+天株(Ziiと呼ばれるチベットのビーズです)+ターコイズがついたものや、木の数珠玉に一つ一つ仏様が彫ってあるもの、お坊さんがお勤めで、早朝から就寝まで肌身離さず持っていたと思しき菩提樹の大玉ものなど・・・全部で9種類。

一つ一つ手にとってみると、それぞれの数珠の持ち主だったであろう人の祈りがこめられているせいか、温かみを感じ、ありがたく感じられます。

これから、スタッフがクリーニングをおこない、現地から送られてくる持主のプロフィールをご案内して、ギャラリーに並びます。おそらくご用意できるのは10月中旬。ノルブリンカには、この「祈りの数珠」ファンが多いのですが、皆様、早い者勝ちですので、どうぞお早めに。

⇒2009/10/9に数珠のページ、アップしました!Collection>>「祈りの数珠」

多くの視座と知識で

コメント(0)

クリハラです。

世界の数多くの国や文化の歴史は、その立ち位置や、情報・知識の量によって、語られ方が大きく変わります。私たちが必要なのは、より真実や、多くの情報を得て、多くの視座から検証し、考え、行動することなのだと思います。だから、「温故知新」ということわざのとおり、歴史から私たちが学ぶことは多いのですね!

タルチョ(祈祷旗)パネル.jpgさて、今、上野で開催されている「聖地チベット展」に関連して、興味深い講座が開講されます。実は、第一回も行きたかったのですが、ギャラリーの商品の搬入などで、どうしても都合がつきませんでした。今回も面白そうです。申し込みサイトでは資料もダウンロードできますので、一度、ご覧になってくださいね。

実は・・・私、私事ですが、第3子の出産があと数日に迫っておりまして、カウントダウン状態の中では、今回も含めて、10月の外出は厳しそうです。ご出席された方、ぜひ感想など、お聞かせ下さいね!
※画像は、聖地チベット展で販売されている藤田修平氏の作品 詳細はこちら

日時:10月4日 日曜日 午後14:30から16:00まで
場所:上野 東京都美術館にて
講演:「ダライ・ラマとチベット
    ?世界の屋根チベットからアジアを、世界を考えてみよう」
    東洋大学東洋学研究所客員研究員・田崎國彦氏
その他:入場無料・定員200名
*詳細やお申込みはこちら http://tibet-artforum.com/

アイテム

  • rolled tokutaro.jpg
  • tibetan baby.jpg
  • wood box.JPG
  • prayers beads 09_b.JPG