2010年4月アーカイブ

地震、その後。

コメント(0)

クリハラです。東京は、このところ春の雨が続いています。ギャラリーはサツキが美しいピンクの花を咲かせていますが、まだまだ肌寒い四月が続いています。

さて、中国青海省地震が起こって、ちょうど2週間経ちました。皆様には被災者への温かい手を差し伸べていただきましてありがとうございました。現在、寄付をお振込いただく予定の方の着金を確認しておりますので、報告書はもうしばらくお待ちください。

さて・・・
puja butter lamp.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


現地の状況は、あらゆるメディアで報道されていますが、正しい情報を見極めるのが難しい・・・というのが個人的な所感です。そして、私たちとお付き合いのある現地のご家族は全員無事・・・だと思っていたのですが、現在、北米でティーチング中のケンポ・カルテン・リンポチェ(高僧)は、ご家族をお二人亡くされ、もう一人は行方不明、との連絡がありました。毎晩、滞在先で、被災者の無事と犠牲者の冥福を祈って、阿弥陀如来のプジャ(祈りの儀式)をされているとのことです。


amana_cd_NLM.jpg
そして、昨日は、ダライラマ法王による被災者へのプジャが行われ、ネットでライブ中継されていました。ダラムサラでのプジャに東京に居ながらにして参加できるネットのすばらしさに感動しつつ、心に染みいる読経に私自身も癒されたような・・・やはり、日常の中でふと立ち止まって、心に向き合うことはとても大切だな、と思い、この癒しを被災者の人が受け取ることができたら・・・と思った次第です。

上の写真は、チベットでプジャをするときに焚かれるものすごい数のバターランプです。多くの方の祈りや気持ちが、一人でも多くの人の心を癒すことができるよう、私たちも、とりわけ再生と浄化を促す瑠璃色のジャケットのCD、The Blessing Voice - Night Light Meditation(右上)をギャラリーで流しながら、献香を行い、祈っています。

なお、私たちの方では支援の受付は締め切っていますが、日本に留学中のチベット人学生による募金活動が5/21まで行われているようです。支援先をお探しの方は、こちらもご参考にしてください。

◆中国地震:チベット人留学生が募金 被災者支援、きょう新宿で呼び掛け /東京
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20100425ddlk13040131000c.html

震災からの復興のために

コメント(0)

cd nlm image 04.jpgのサムネール画像









 
現在、ご来廊の方からの献香も受け付けております。また、ギャラリー内では亡くなった方の魂がより安らかに次の誕生を迎えられるように、The Blessing Voice Night Light Meditationを流しております。詳細はブログでご紹介しております。どうぞご覧ください。

クリハラです。

昨日ブログで書いた通り、150個ご用意した支援セットは、あっという間に手を差し伸べてくださった方の手元にご縁をいただきました。間に合わなかった方からの問い合わせも数多くいただき、現在、ギャラリーと事務局スタッフが、お一人お一人対応させていただいています。お急ぎのところ、もう少しお待ちください。

そして、昨日の夕方からスタッフと緊急対応し、違うアイテムではありますが、アマナマナとノルブリンカでできる最大限の支援対策を考え、明日23日から再開できるよう準備を進めています。

新しいアイテムのセットはこちらをご覧ください。そして新しいアイテムの画像を、少しこちらでご紹介します。 

lapis 01L.jpg

それは、この美しい瑠璃色の数珠珠たちです・・・これもやはり同じ尼僧の皆さんがプジャ(お祈り)をしてくださった貴重なラピスラズリです。本当は、違う目的でプジャをお願いして送っていただいたのですが、今回の支援のために私たちのもとに届いたとしか思えないタイミングでご縁のあった特別なラピスラズリ・・・薬師如来と同じ人を癒す光を放つ石です。詳細はこちら↓をクリックしてご覧ください。

アマナマナ Tibet Earthquake Relief - HELP NOW!
中国青海省地震の被災者援助にご協力ください!


さて、お問い合わせいただく中で、支援先情報の提供をまとめたほうがいいかな、と思い、現時点で私が知りうる限り、機能していると思われる支援先をこちらに書き留めます。ただし、支援情報は刻一刻と変化していきます。あくまでも支援をされる場合は、ご自身でも寄付先を十分ご検討の上、納得できる団体等お選びください♪また、その他、信頼できる支援情報がありましたら、私どもまでお知らせください。

いつも温かいやさしさをありがとうございます!

◆医療NGO・AMDA(特定非営利活動法人アムダ、The Association of Medical Doctors of Asia)http://amda.or.jp/

◆中国青海省地震支援ツイッター募金
http://www.dff.jp/ct/twit/dnt/

◆日本赤十字社 中国青海省地震被害の救援金受付 
http://www.jrc.or.jp/foreignrescue/l3/Vcms3_00001566.html

◆Yahoo!Japan 壁紙ネット募金 http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1301015/index.html

◆米国NGO・Tibetan Village Project クレジットカードによる寄付受付(英語) http://www.TibetanVillageProject.org

完売間近?そして、感涙...

コメント(0)

20100417 help tibet.jpg

クリハラです。

青海省地震の救援金募集をお願いしたところ、ビックリするほど多くの方が、しかも、私もびっくりするほどクイックレスポンスをいただきました。この寄付活動に、賛同いただきました皆様、本当に、本当に、ありがとうございます!!!

備考欄に、私たちへのメッセージや被災者への祈りを綴ってくださる方の一言一言を読んでいたら、皆さんの温かな気持ちに心を打たれて、はからずも泣けてきました。。。本当にありがとうございます。準備も大変でしたが、それ以上に、すぐ行動に移し、それに応えてくださる方がいてくださって、本当によかった!と胸がいっぱいです。

すでに、ご用意した救援金セットの在庫が限りなくひとケタ台に近付いています。もしかしたら今夜、在庫が空っぽになるかもしれません。そこで今、このアクションに賛同してくださる方で、お守りを手にしていただけなかった方のために、どうしたらいいかを、緊急討議中です。

もし、在庫が空っぽになっていてもあきらめないでください。そして・・・少しお待ちください。出来る限りの救援金を届けるため、もうひと踏ん張りしてみようと思います。

さて、私たち以外の支援先をご紹介します。

これまでご紹介した 日本赤十字社Yahoo!のインターネット募金以外に、地震の翌々日に人的支援として人を派遣した医療NGOのAMDA(特定非営利活動法人アムダ、The Association of Medical Doctors of Asia) も支援を呼び掛けています。詳細ページは以下の通りです。ご興味がある方は、ぜひこちらもご覧ください。

医療NGO:
AMDA(特定非営利活動法人アムダ、The Association of Medical Doctors of Asia) 
http://amda.or.jp/ 

今回のHELP TIBET!のバナー(上記画像)の少年たちは、玉樹市内の河原で元気よく遊んでいた子どもたち。彼らが出会ったときのように元気でいてくれたら・・・と心から願ってやみません。

Help Tibet、本日スタート!

コメント(0)

20100417 help tibet.jpg

クリハラです。

大地震の報を受けて、ノルブリンカとアマナマナ・スタッフでは、金曜日から週末をまたぎ、大急ぎで震災した東チベットの被災者への救援金のサイトづくり、そして、皆さんに少しでも心温まる支援にしていただけるように、救援セットの商品づくりを行いました。そのセットが、この・・・

チベット尼僧の手作りお守り+ルンタカード
 set 01s.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



です!美しいルンタのカードに、手作りのお守りがセットになりました。

このセットで、「東チベットの被災者の皆さんに支援しよう!」と思われた方、最上段か最下段の子どもたちのバナーをクリックしてください。詳細は援助ページにも掲載されています。

実はこのお守り、3月に入荷した際、尼僧の皆さんが、 日本の皆さんがよい縁起にご縁があるように、と、なんとお願いしたお守り以外に、150個ものお釈迦様のお守りを作ってくださっていました。お釈迦さまと言えば、チベットでは最強の仏様。日本にいる私たちのために、すばらしいご利益を祈ってくださったその気持ちにスタッフ一同、大感激!!!ところが、すべて一つ一つ柄が違うので、ネットでは販売できず、しばらくギャラリーで保管していたものです。

ところが、なんと、彼女たちのほとんどが、今回の震災地の出身者。私たちも、まさかこのお守りが、彼女たちの故郷である青海省玉樹の援助に関係してくるとは思いもよりませんでした・・・尼僧の皆さんには、制作料等をお布施として、このお釈迦様のお守り分もお支払いしていますが、これを私たちの方では、全部、無償で支援商品として供出いたします。

そして、支援に賛同いただけましたら、どうかこのバナーをクリックして、手続きをお願いいたします。 そして、お一人でも多くの被災者の方に、支援の手を差し伸べていただけますよう、心からお願い申し上げます。

※このプロジェクトは、フリーリンクです。どうぞブログやメール、ツイッター、フェイスブックなどでご紹介くださいませ。

20100417 help tibet.jpg

HELP TIBET! 始めます

コメント(0)

クリハラです。

昨夜、青海省玉樹の家族の安否報告がネパールのチベットファミリーを通じて連絡がありました。私たちがお世話になった高僧とご実家の家族は全員無事!!!しかし、中国政府のチベット遊牧民定住化政策の一環で与えられた家は完全に倒壊し、現在、避難所での生活が続いているとのことです。

yushu rainbow.jpg昨日の報道では、負傷者と行方不明者を合わせると1000人を超えており、それでもなお生き埋めになっている人々の救援や負傷した人々への手当は続いています。一人でも多くの方が助かるように、そして一刻も早い復旧を祈るばかりです。

さて、私たちはスタッフと日本にいながら何かできることはないか、の救援アイディアを色々検討し、さっそく月曜日からスタートさせることになりました。詳細は、アマナマナのサイトにアップします。どうぞ皆様のご協力をお願いいたします。

なお、続報として、ツイッターでも毎日つぶやくごとに一円の寄付ができるシステムもできたようです。ご興味のある方は以下のIRLをクリックしてみてください。携帯からもOKのようです。
◆中国青海省地震支援ツイッター募金 http://www.dff.jp/ct/twit/dnt/

ちなみに上の画像は、3年前滞在したときに玉樹にかかった虹・・・見えにくいと思いますが、中央から大きな虹が街にかかりました。玉樹の皆さん、早く支援が行き届きますように!

クリハラです。

今朝、私にとって胸が張り裂けそうなニュースが飛び込んできました。昨日4月14日に、中国青海省玉樹チベット族自治州でマグニチュード(M)7.1の大地震が発生したというのです。

tibetan children in Jyekundo.jpgこの玉樹(中国語でユウシュウ、チベット語でジュクンドと読みます)は、まさしく私たちを初めてチベット高原へと手を引いてくださった高僧とそのご家族がお住まいの東チベットの街です。

このニュースを知ってから、玉樹の街を拠点に、私たちにチベット人の暮らしと文化を紐解いてくださった高僧と尼僧のお二人、文化大革命で大変な思いをして生き延びたおばあさま(写真下)、ひと家族で10人を超える現地の子どもたち、5000mの山々に薬草を摘みに出かけていたご夫婦、定住化政策で家を持っても遊牧民のままの生活をしていた家族、玉樹の色濃いチベットの人々・・・の顔が頭を錯綜して、仕事が手につかないほどショックを受けました。 

family in Jyekundo.jpg中国政府の発表では、四川大地震同様、国際支援の受け入れはないとのことですが、すでに赤十字社は動き出しているようです。私たちは、現地の家族と連絡が取れない以上、こうした国際組織を通じた支援しか今のところ手立てがありませんが、今のところ、何か出来ないか、と思われた方に、できるだけの情報を入手してこちらにアップしたいと思います。

▼日本赤十字社中国青海省地震被害の救援金を受付スタート:
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00001564.html

▼Yahoo!Japanが壁紙購入で日本赤十字社への寄付をスタートしました
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1301015/index.html

▼2001年から現地で活動している米国のNGO、Tibetan Village Project
クレジットカードによる寄付受付を開始(英語サイト):
http://www.TibetanVillageProject.org

https://npo.networkforgood.org/Donate/Donate.aspx?npoSubscriptionId=1002326

5 elements image.jpg ノルブリンカがプロデュースしているアマナマナでは、チベット五大元素の癒しCDが好評です。音楽家・楠瀬誠志郎氏とのコラボにより、チベットの高僧・尼僧らによる声明が音楽生理学に基づいた周波数で新たな音楽に生まれ変わりました。現在、火と空を先行発売中。◆詳細・ご購入はこちら

祝開店!Gallery HIMALAYAN ART

コメント(0)

クリハラです。東京都は週末をピークに桜満開の春を迎えています。

ノルブリンカでは今、いくつかのプロジェクトが進行中ですが、その中で重要なポジションをになっている方のお一人、牧野宗永(まきのそうえい)さんが、

ギャラリー・ヒマラヤンアートをオープンされました!!!

下画像は、先日牧野さんにお会いした際に差し出された、ギャラリーの名刺の裏面。

あぁ・・・センスがいいって素晴らしい!!!

とひざを打った私です(笑)


makino-san namecard.jpg

牧野さんがオープンしたサイト  http://www.himalayan-art.jp をご覧になると一目でおわかりになりますが、彼のセンスの良さが炸裂しています。実は粗悪なタンカが数多く出回る中、高い技能とセンスで描かれたタンカのみをセレクトする眼力とセンス、さらに、牧野ワールドともいえるモダンな額装の視点など、突き抜けた感のあるギャラリーです。

非常に勝手な感想ではありますが、実はギャラリー・ヒマラヤンアートのオープンは、お仲間が増えた気分でとてもウキウキします(笑) しかも、彼の志も私たちに極めて近く、共感することしきり・・・

ちなみに牧野さんはニンマ派の僧院で学び、修業されたキャリアの持ち主。しかも、なかなかの男前だったりします・・・って、これは私個人の見解ですが(笑) 今後、牧野さんとノルブリンカでコラボレーションも行っていきます。どうぞよろしくお願いします+ご期待くださいませ♪

ギャラリー・ヒマラヤンアート http://www.himalayan-art.jp/
ノルブリンカのコレクションはこちら http://www.norbu-lingka.com/collection/

アイテム

  • white water lily.jpg
  • amana_cd_NLM.jpg
  • puja butter lamp.jpg