History ― 過去の記録

 


アマナマナのThe Blessing Teaの試飲を行っております。
ヒマラヤ雪山の癒しをどうぞお楽しみください。
 

チベットの小さなアイテム展

2011年9月2日から10月末頃まで 

tcv201109s.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インド・ダラムサラより、チベット人によるチベットの祈りを形にした小さなシルバー・ジュエリーが到着いたしました。このアイテムのご購入は、亡命チベット人の経済基盤と就業機会を生み出し、次世代支援となります。どうぞ手にとって、ご覧ください。なお、すべて一点物ですので、終了し次第、クローズいたします。

 

 

Losar Tashi Delek
Happy Tibetan New Year 2138

無事終了いたしました。ありがとうございました

ヒマラヤ曼荼羅 --- さまざまな世界展 ---
5月16日まで会期延長いたします。 共催:Gallery Himalayan Art

greentara_s.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アートギャラリー・ノルブリンカは、この3月でオープン3周年を迎えます。3周年と3/5のチベット新年を祝し、ヒマラヤ地域にみられる、さまざまな様式による曼荼羅をご紹介いたします。

特に今回は、Gallery Himalayan Artとの共催で、ヒマラヤ各地で活躍中の熟練アーティストを中心としたタンカ(仏画)のご紹介が可能になりました。そもそもインドで発祥した仏教美術を伝えていると言われるネワール様式のタンカは、色も構図も、また細部にいたる描画技術も非常に高い逸品ぞろい。その他、チベット様式、また日本の仏画に学んだ日本様式のタンカと、バラエティ豊かなタンカをご紹介いたします。

いずれも思わずため息が出そうな繊細さと迫力。そして、タンカ(仏画)は2次元で表現しうる精緻な技術とセンスを極めた至高の芸術。仏教及びチベット仏教を永く学んだ牧野氏ならではの視点と、モダンな額装にもどうぞご注目ください。

 

 

【こちらのクロージングイベントは、盛会のまま、無事終了いたしました。ありがとうございました】

【トーク・サロンへのお誘い】

ヒマラヤ曼荼羅展 牧野宗永×クリハラミユキ
ータンカ ”六道輪廻図” で学ぶ面白すぎるチベット仏教ー

miyuki_portlait.JPGmakino-san.gif

Gallery HIMALAYAN ART主宰の牧野宗永さんとArt Gallery NorbuLingkaのキュレーター・クリハラがトークサロンを開催いたします。牧野さんは佛教大学卒業後、ネパールのニンマ派寺院で永く仏教を学んだ、チベット密教の若手修行者。

今回のトークサロンでは、チベット仏教におけるタンカ(仏画)のなかでも、もっともポピュラーであり、深遠な意味を持つ「六道輪廻図」をテーマに、そのモチーフや絵柄の仏教的な意味などを解説しながら、タンカをアートとして楽しみ、親しむための、分かりやすいカジュアルなタンカ教養サロンを目指します。

イベントに参加ご希望の方は、アマナマナの特設ページからお申し込みくださいませ。なお、今回は講座スタイルの少人数制となります。スペースに限りがありますので、定員に達した時点で締切とさせていただきます。 

◆日 時:5月15日(日)17-19時

◆場 所:東京・西麻布 Art Gallery NorbuLingka(アートギャラリー・ノルブリンカ)

◆内 容:ヒマラヤ曼荼羅 それぞれの世界展  ---  タンカ ”六道輪廻図” で学ぶ面白すぎるチベット仏教 ---

 

 

 

【こちらのオープニングイベントは、盛会のまま、無事終了いたしました。ありがとうございました】

ヒマラヤ曼荼羅展ーチベット仏教、タンカの楽しすぎる世界ー

miyuki_portlait.JPGmakino-san.gif

Gallery HIMALAYAN ART主宰の牧野宗永さんとArt Gallery NorbuLingkaのキュレーター・クリハラがトークイベントを行います。牧野さんは佛教大学卒業後、ネパールのニンマ派寺院で永く仏教を学んだ、いわば密教の若手修行者。

今回のトークイベントでは、ヒマラヤ曼荼羅に展示されるタンカ15点について、チベット仏教および仏教的な意味なども交えながら、牧野さんが解説。特にタンカをアートとして楽しみ、親しむための軽くて分かりやすいカジュアルなタンカ教養講座を目指します。

笑いあり、時々牧野さんの説教タイムあり?の楽しいトークイベント。できるだけ多くの方に楽しんでいただけるように、スタンディングスタイルで行います。

◆日 時:3月6日(日)18-19時半
◆場 所:東京・西麻布 Art Gallery NorbuLingka(アートギャラリー・ノルブリンカ)
◆内 容:ヒマラヤ曼荼羅 それぞれの世界展  ---  チベット仏教、タンカの楽しすぎる世界 ---

 

 

Old, but Only One in the world.

たったひとつのオールドボウル展
 

2010年9月16日(木)ー10月18日(月) 共催:国際シンギングボウル協会

 無事、終了いたしました。多くのご来廊、ありがとうございました。

old bowl exhibition.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩夏を迎えたノルブリンカに、オールドボウルが届きました。数十年、手にされる日を待ち続けたボウルならではの存在感。丹田に深々としみこむ倍音を奏でるもの、手のひらに収まって転がるようにうたい、響くもの、不ぞろいの模様に、経年の肌触り。ひとつひとつ違うオールドボウルの個性。同じものは、二度と手に入りません。このオールドボウル展で、ぜひ、その面白さに触れてください。

詳細は、こちら

 

堂園謙 Portraits of The Children展

2010年5月22日(土)から6月7日(月)まで

多数のご来廊をいただきまして、無事終了いたしました。
寄付金の送金ご報告は
こちらをご覧ください。

Ken Dozono Portraits of The Children Exhibition  May 22-June 7. 2010

沢山の子どもたちの笑顔を、沢山の人々に届けたいから。
Send Smiles to the World.

smile to the world 01.jpg


























フォトグラファー堂園謙が、ラサ(チベット自治区)の視覚障害者の教育普及にかかわる盲学校「Braille without borders(国境なき点字)」と、ラサの孤児院「Children's Charity Tendol Gyalzur in Tibet」を訪問。子どもたちが被写体になることで、世界の中で起こっているさまざまな問題や課題を浮き彫りにし、子どもたちの将来に光をあてるプロジェクトをスタート。まずはそのチベット編をノルブリンカで公開します。

今回のエキジビジョンでは、ポートレイトとオリジナルTシャツの売上の一部が、その子どもたちが所属する上記2校にそれぞれ寄付されます。

さらに詳しい情報はこちらをご覧ください。
more details...please click on this link:
http://www.norbu-lingka.com/feature/kendozono1005.html

◆堂園謙プロフィール:東京生まれ。日本のみならず、バンコク・香港でVOGUE、HARPER'S BAZAAR、ELLE、FIGARO、をはじめ、各種のキャンペーン、広告撮影をこなす、ファッションを中心に活動するフォトグラファー。8年滞在していたバンコクでのエイズ孤児との出会いから、世界の子どもたちに笑顔を届けるチャリティープロジェクトを開始。2005年より拠点を東京に移し活躍中。PINX. MANAGEMENTに所属 http://www.kendozono.com/
 

 

 

シンギングボウル展
2010年1月21日から4月7日まで

Singing Bowl Exhibition Jan 21 - April 7, 2010

*盛況のうちに終了いたしました。多数のご来廊、ありがとうございました!

singingbowlDM.jpg


 

 

 

 

 

 

子どもたちと平和のかけら展
2009年5月28日から6月3日まで(期間中は無休)

"Children's Pieces of Peace"by Summerhill International School
May 28 - June 3, 2009 (open each day during this exhibition)

*展示、オークション、ともに盛況のうちに終了いたしました。多数のご来廊、ありがとうございました!

children's piece of peace mini.jpg東京港区にあるサマーヒルインターナショナルスクールの1.8歳から5歳の子どもたちとのコラボレーションによる展覧会です。

私たちは、ひとり一人に違いはあっても、私たちをしあわせにしてくれるのは、思いやりとやさしさにあふれた平和の世界であることは同じ。子どもたちが描く、平和とは?

なお、この展覧会では、すべての作品がオークションアイテムとして出品され、どなたでも参加することができます(最終入札は31日午後6時より)。落札価格の80%はアメリカの里親支援団体であるPlan USA http://www.planusa.org/  の"Gift of Hope"キャンペーンヘ、また20%は、インド・ダラムサラにあるチベット亡命政府のTibetan Children Village http://www.tcv.org.in/  に寄付されます。

◆展覧会の詳細はこちら Read More>>
◆詳細は
お問い合わせください。

This exhibition is collaborated with Summerhill International School children in Tokyo. What is peace that everyone has in their hearts? How is a peaceful world filled with compassion? Please find brilliant art works, "pieces of peace." 

All the art works will be auctioned. 80% of the proceeds will go to Plan USA http://www.planusa.org/  for  "Gift of Hope" and 20% to Tibetan Children's Village http://www.tcv.org.in/ . This auction will be open to public, but on the final day of auction, May 31, we will have a live auction from 6pm especially for Summerhill families. Though the space is limited, but please do come over to us and bid a masterpiece and a good deed! 

Read More>>
◆for more details,
Please contact us

summerhill logo s.jpgSummerhill International School :
http://www.summerhill.jp  Moto-Azabu, 2-13-8 Minato-ku, Tokyo 106-0046 Japan
Phn:   +8... Fax:  +81 (03) 3453-0820 E-Mail: info@summerhill.jp

 

 

 

藤田修平 チベット108の記憶展
2009年2月26日から3月20日まで

*たくさんのご来廊ありがとうございました。なお、この展覧会作品はノルブリンカで管理・販売させていただいております。詳細はお問い合わせください。

main s.jpg写真家・藤田修平が、チベットを巡った一週間。青海鉄道から始まり、チベットの聖地・ラサでの記憶を画像で初公開。光と影、整然と混沌、聖と俗・・・両極端が大胆に、あたりまえに同居するチベットのエッセンスをお楽しみください。同行した山下マヌー氏の愉快なスナップとミニエッセイも必見! 

【藤田修平 プロフィール】 大学在学中に土門拳の最後の撮影に立ち会い、写真家の道を志す。現在、雑誌、コマーシャル、タレントやミュージシャンのポートレイト、 写真集、CDジャケット、風景、工芸の撮影等、幅広く手掛ける。被写体の素のままの 美しさ、面白さなど、本質を掴むのが得意。趣味はオーディオと釣り。http://www.shuhei-fujita.com/ 

*チベット高僧とのコラボレーション・ブランド、アマナマナの音楽CD(2/25発売予定) 「The Blessing Voice3」の写真を担当。CDの詳細は、 http://www.amanamana.comをご覧ください。


日本初、日本発、シンギングボール展
2009年1月8日から2月22日まで

200901 singingbowl image.jpgのサムネール画像チベットの「音の智恵」、シンギングボール。日本では、まだ耳慣れないシンギングボールを、職人らがひとつずつ手作りした高僧御用達の職人工房より直送していただきました。一つひとつに心が通う、音の響きとぬくもり、その癒しの力を、どうぞ心ゆくまでお楽しみください。

◆シンギングボール展については こちら
◆商品詳細については こちら
 



 

チベット曼荼羅仏画展
2008年11月25日から12月26日まで

Diamond Realm Mandala.jpgのサムネール画像チベットから世界最高峰の技術を持つ仏画(タンカ)職人による曼荼羅・仏画(タンカ)が到着いたしました。

全12点のタンカは、すべて仏画師として20-30年以上のキャリアを持つ職人によるもの。チベットの叡智の小宇宙、曼荼羅。吸い込まれそうになる細微な描画世界をお楽しみください。

◆チベット曼荼羅仏画展については こちら
◆商品詳細については こちら
 

 

 




 

 チベットの木製画展 

c katag girl.jpgチベット人アーティストとコラボレートしたユニークな木製画が現地より到着いたしました。それぞれチベット仏教の慈悲の心に基づいた深い意味を持つモチーフの作品となりました。寺院や家具から飛び出してきたこれらの見事な作品をどうぞご高覧下さいませ。

なお、ご購入のご相談等につきましては、当ギャラリーまで、お早めにお知らせくださいませ。
>> 木製画の詳細はこちら
 

 

ノルブリンカの常設展 2008年3月30日から

ノルブリンカの常設展 2008年3月30日から

3月20日までは「ジャワの古更紗展」、そして3月30日よりノルブリンカの常設展となります。

常設展は各種チベット家具、厳選したアンティークや仏画などをご紹介します。なお、ジャワの古更紗も好評につき一部展示いたします。

なおチベット家具については、サンプルとして、大型・中型チェスト、キャビネットをご用意。さらに世界的に希少な20世紀初めのチベットの木製装飾画も展示しております。日本で唯一のチベットアート専門店にお越しください。常設展へはこちら

チベット家具の詳細はこちらでお読みいただけます >>> Tibetan Furniture


 

ジャワ古更紗展 2008年3月1日から3月20日まで

ジャワ古更紗展 2008年3月1日から3月20日まで

インドネシア・ジャワ島で、30-100年前から使われてきた貴重な古更紗(バティック)のご紹介です。近年、数が少なくなってきた古更紗をジョグジャカルタから仕入れました。さらに、更紗の現在の状況をよく知る現地の職人らの手によって、見事にクッションや各種の実用的な小物へと再生。質の高いジャワ更紗ならではの年を経た独特の色合い、手描き・型押しのパターンの豊かさが見所です。なお、貴重なバティック生地も入手いたしました。

ジャワの古更紗に関する詳しい話はこちら >>> 
ジャワの古更紗 その歴史と魅力

最近のニュース

日本初・日本発のシンギングボウル入門書が登場!
  国際シン…
極上の法具、シンギングボウルが続々入荷中!
チベット高僧の御用達法具工房より、厳選さ…
2014年5月9日より営業日が変わりました!
  2014…

tweet